SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

マジカルハーブ&アロマ                +ときどきPura Vida 旅行記!

ハーブとアロマの魔法の世界へご案内します♪

(そして時々世界を旅して出会った、素敵な動物、植物たちをご紹介します!)
<< コスタリカ編 Hしい花たち Las flores hermosas! | main | コスタリカ編 ゥ螢▲襪覆泙韻發 >>
コスタリカ編 っ翳萄蚤腟模のマングローブの森
0

    さっき晴れていたと思ったら、もうザーザー。。。しかも勢いが尋常じゃないですね〜。
    気候が明らかにかわっていますよね。こわいぐらいの速さで雨
    毎年こんな感じになるのでしょうか・・・ノーノー

    晴れたコスタリカをもう少し思い出して・・・第4弾です。

    農園のあるケポスから南へ飛行機で40分、パルマル・スールという街に飛んだ後、車で移動すること30分、まずスィエルぺという町に到着飛行機車

    そしてそこからボートに乗ること1時間半程、長い道のりを行った先は、手付かずの自然が残るオサ半島。この半島は半分以上がコルコバード国立公園に指定され、「最後の秘境」と呼ばれています。

    そのボートは、中米最大と言われるマングローブの森を抜けていきます。
    気持ちのよいジャングルクルーズです^^。

    マングローブは、淡水と海水が交わる汽水域に生息する植物群を示す言葉ですが、マングローブは豊かな生態系を守る上で重要な役割を果たしています。

    飛行機で向かう途中、上空からくっきりとマングローブの森が広がっているのが見えました。たくさんの動植物を育む生命のゆりかごですよつばのクローバー

     

    ところで、この飛行機、もちろん国内線ですが、乗客はなんと私1人!

    ケポスの空港で(ここがまさか空港???というただのだだっ広い野原でしたニョロ)、搭乗案内を待つ私に、手招きをする1人のスタッフ。

    そこに来た飛行機を指して、「あれに乗れ」風の合図。。

    もしや・・・

    なんかスタッフの人が私の荷物を一つごろごろと運んでるけど・・・。

    え・・・まさか。。と思う私に、機長が一言「プライベートフライトだねチョキ

    こわっショック!!

    と思ったのもつかの間、結局は景色独り占めで、楽しんじゃいました!楽しい
    でもこれじゃあ採算とれないだろうなあと余計なことを考えたのでしたたらーっ


    やっとの思いで着いたオサ半島は、本当に自然豊かな美しいところでした。ビーチ沿いに広がる熱帯雨林の中には、たくさんの生き物の気配。。国立公園として保護されています。

    私の泊まっていた場所は、店もなく、町まで1時間半は歩くところでした。そして、夜9時には明かりがすべて消され、お湯はもちろん終日でませんNO!

    あ、あと、ベッドの上に虫が10秒ごとにふってくる・・・NO!NO!

    それでも、ほんとうにすばらしいところでした星 



    でも、さすがは熱帯雨林、湿気のすごいことといったら。現実問題として、洗濯物が乾くことはありません。常に全身湿っている状態ですたらーっ

    そして、セミの鳴き声はこれでもかというくらいの大音量!
    寝ても覚めても、セミ、セミ、セミ!

    なのに、心から自然につかって、ゆっくりした気分になれるって、今考えてもすごいですね。現地の人々、旅行者の人々とのふれあい、自然とのふれあい、すご〜く毎日が充実していました。海に行き、森を歩き・・・何もないけど、全てあるという気がしました。
    ここを出るころには、森を裸足でふらふらする人になっていましたが・・・猫

    1週間、Tシャツその他全て(文字通り全てです!)が乾くことがないまま、オサ半島から都会サンホセに戻り、荷物をあけたとき、バッグの中からなんと湯気がでていました!

    ちなみにサンホセはある程度高地にあるので、わりと乾燥しています。

    ホテルの部屋に全部並べた湯気の出たTシャツが、ちょっと外出している間に乾いているではないですかびっくり

    お〜乾いてる〜ラブ!!と、水分が蒸発するというあたりまえの現象に1人感動したのはこの旅がはじめてです拍手

    でも、このオサ半島での1週間が、本当に輝いていて、素晴らしかったことを今でも鮮明に思い出します^^。

    1週間も私、何してたんだろう・・・ それがまたすごいおてんき


    | - | 22:30 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    いやあ、、、読んでいてなんだか心が満たされました。。。
    何もないけど全てあるという感覚を味わえるなんて、本当に幸せだよね。
    この旅はプラ・ビダ・エッセンシャルズの名前の元になるくらいの充実した旅だったのだろうな、、、と勝手に思ってしまいます。

    それにしてもプライベートフライト、面白すぎだね〜(´◎`)!
    Herb-Dolphinさんらしいエピソードで納得です♪
    | トキオノナリキリ | 2008/08/31 6:59 PM |

    トキオのナリキリ さま

    コメント、いつもどうもありがとうございます(^^)/

    まさに、お店の名前の元になった旅でした^^
    3週間の滞在期間で、教えられたこともいっぱいで。
    笑っちゃうこともいっぱいでした^^

    旅行は、単に楽しいだけじゃなくて、いろいろある人生そのもの!みたいな・・って大げさだけど、そんなかんじでした。

    何もないけと、すべてあるっていうは、どこにいても本来はそうなんだろうけどね〜。
    そう思えるかどうか・・・気持ちひとつだよね。

    プライベートフライトいいでしょ??
    何もないところに突如屋根つきのスペース(ドアなし)が現れた・・・みたいな、野原直結の空港でした(笑)。
    | herb-dolphin | 2008/08/31 10:20 PM |

    空からの風景、最高だね!!
    コスタリカ、妊婦じゃなかったら一緒に行ってたなぁ〜って一緒に旅してた気分で写真を眺めてたよ♪
    ベッドに虫が10秒毎に落ちてくるってのはいただけないけどそれ以外は素敵!
    自然との触れ合い・人との触れ合い・素晴らしい景色との出会い、言うことなしの旅だったね☆
    | アイリス | 2008/09/02 4:54 PM |

    アイリスさま

    ほんとに、そんな感じでした☆
    いつか、みんなでいけると(合流できると)いいね!

    でも、虫はどこでもついてくるよ^^!
    モスキートネットをすりぬけてくるので、ベッドを手で払いながら(無意識にも手を動かして)寝てました。。

    あれは何の虫だったんだろう??
    | herb-dolphin | 2008/09/02 9:06 PM |










    http://blog.puravida-essentials.jp/trackback/843952